読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は1分間で200回腰振りができる!

 私はとある記事を非常に気にしていた。それは上戸彩 HIRO 1分間100回腰振りSEXでピンポイント妊娠
である。上戸彩の夫であるEXILEのHIROは“1分間に100回ピストンできる”というのだ。だが、私だって負けてはいられないと思った。HIROとは年齢もさほど違わないし、SEXには自信がある。だから私にだって分100回ペースでできるはずだ。そう思ったのである。

 とはいえSEX中にはさすがに数えることはできない。だから彼女とのSEXを撮影をしてどれくらいのピストン運動をしているか数えることにした。だが「ピストン運動の数を知りたいから撮影させてくれ」と言っても断られるのは間違いないだろう。だから自宅に彼女を呼んで、隠し撮りをすることにした。

 彼女とのSEXはいつもながら大成功。私の太くて大きいあそこの魔力で彼女はいつも私のとりこになる。そしてSEXをすることでお互いにいつも幸せになれる。しかも今回は隠し撮りをしたのだ。私は隠し撮りがばれないかとドキドキしたが、無事彼女には気づかれることなく撮影に成功した。実に鮮明なSEX動画であった。SEX中の彼女は実にカワイイ、彼女はとっても美人なのでAVとして売り出すこともできるだろう。SEX中の彼女はとてもかわいく愛おしかった。私の大きいアレに心の底から喜んでいるのが隠し撮りをして改めてよく分かった。やはりSEX中では気づかないことも撮影をするとわかるものだ。彼女はとても私と楽しんでくれたが、隠し撮りをされてることも知らない。フフフ。

 彼女が帰った後で動画を確認、その結果をみて驚いた。私の腰を振るペースがHIROをはるかに超えていたからだ。挿入後すぐに1分100回ペースに突入。3、40秒間腰を振りちょっと休むの繰り返しだったから平均すると100回をちょっと超える程度。だが、腰を振っているといは1秒で2回のペースで振っていた。そして私のペースはさらに上がっていく。イク5分ほど前には1分150回のペース、そろそろ出そうなので休まずに断続的に動かし続けていた。彼女はお姫様を思わせる高貴な喘ぎ声を出し続ける。

 さあそろそろフィニッシュの時間だ。私の聖なる白い液体を彼女の体内に放出する瞬間、私は持てる最後の力を振り絞って激しく腰を動かす。体がぶつかり合う音は最高潮になる。イク瞬間の最後の1分でのピストンはなんと220回。これは1秒で3回出し入れしたことになる。信じられないかもしれないが、実際に自分の動画を見て数えたのだから間違いない。そう、私はHIRO以上だったのだ。私も本当に信じられないくらいだ。SEX後の彼女は立てなくなるくらいに体力を消耗するが、その理由が分かった。私のSEXが激しすぎたからだ。だが、その激しいSEXのおかげで彼女はSEXを心の底から楽しんでいる。本当に良かったとおもう。

 1分100回では自慢にならない。私はその2倍のペースをやっているからだ。男たるもの、これくらいで初めて自慢できるのである。