読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

震災から1年、命の大切さを体全体でかみしめる

 今日は東日本大震災から1年がたった。私はあの地震に遭遇して命の大切さを学んだ。だから今日は追悼の意味を込めてSEXをした。

 なぜSEXなのか?それは人間の営みとは子孫を残すためにあるからだ。子孫を残すにはSEXをするしかない。だからこそSEXで命の大切さを確かめるのである。

 前戯はいつも以上に入念に時間をかける。彼女も「いつも以上にイイ」と言ってくれた。そして挿入、あの凄まじい揺れを忘れないかのように激しくピストン運動をする。彼女の声も高くなり張りあがってくる。そして2時46分、地震が起きた時間に合わせて発射。見事に性交を成功させた。

 彼女は津波で亡くなった人のように動けなかった。私はこの姿を見て命の大切さを改めて思うのである。そして二度とこのような悲劇を繰り返してはいけないと確信したのだった。